<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

タコ壺漁体験

0
    この間とある浜をウロついていると四角い箱状のものがたくさん積んであるのを発見!

    さて、これは何でしょう。

    タコ壺












    正解は、タコ漁に使うタコ壺です。

    壺と呼ばれるように、以前は主に素焼きの陶器製の壺が使われていましたが、最近ではこのようにプラスチック製のものも使われるようになってきています。

    この壺は、餌を入れてタコをおびき寄せて漁獲するタイプですが、餌なしで漁獲するタイプの壺もあります。(タコの岩場の穴に隠れる習性を利用し漁獲。陶器製の壺がそのタイプです。)

    さて、マダコの旬の時期は過ぎていますが、まだ漁獲される時期です。タコは、魚のように脂がのることはないで、周年美味しくいただけます。(下画像はマダコ。サガンさかな「佐賀のさかな写真鑑」より)

    マダコ











    タコ壺漁体験(3〜11月)をされている漁業者がいますので、一度体験してみてはいかがでしょうか。

    漁業体験をしてみたい方は、→ こちら ← をクリック。

    クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々にみていただく機会が増えます。
    よろしくお願いします。


    九州ブログランキング


     
    海象 * 漁業 * 22:30 * - * - * - -

    唐津湾浜崎海岸の地曳網

    0
      7月13日は、浜崎の漁業者さんが行われている地曳網体験教室へ行ってきました。
      前日の天気予報では、降水確率70%でしたが、幸運にも雨は降らず、雲の隙間からは少し日も照っていました。

      まずは、海岸から500mほど沖まで網を入れて、両サイドのロープを20組ほどの親子で曳きました。
      皆さん、想像していた以上に重かったらしく、大人も子どもたちも必至に曳いていました。

      曳き始めてから40分ほどで網を曳き終え、網にかかていたスズキ、タコ、マエソ、マアジに興奮!
      ただ、今日の漁は少なめでしたが、皆さん、楽しそうに獲物をクーラーボックスに入れていました。

      この地曳網漁体験は、4月から9月まで実施されており、料金は43,000円。獲れた魚介類は、すべて持ち帰りOKです。



      動画






























      クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々にみていただく機会が増えます。
      よろしくお願いします。

      九州ブログランキング

       
      浜のくじら * 漁業 * 07:19 * - * - * - -

      まき網漁業

      0
        先日、中秋の名月の日に浜をウロついていると、少し大型の漁船が数隻停泊しているのを発見!

        この漁船、「まき網漁業」といって探索船(灯船)、網船、運搬船とそれぞれの役割を持った船が、船団(チーム)を組んで夜間に操業する漁法で、主にアジやサバ、イワシなどを漁獲します。

        旋網2

        旋網3

        旋網1































        漁業の方法ですが、
        |戯船(灯船)が魚群探知機を使って魚の群れを探すとともに、集魚灯を使って魚を集めます。

        魚の群れが集まったら網船の出番で、群れを逃がさないように網でまいて(囲い込む)行きます。

        5が漁獲されたら運搬船の船倉に積み込み、いっぱいになったら鮮度が落ちないうちに市場などへ輸送します。

        このような操業を一晩に数回行われるようです。


        この日は、中秋の名月で満月ということで操業を休まれていました。(月夜になると海上が明るく集魚効果がなくなるため。)

        さて、ぼちぼちサバが美味しい季節となりました。ゆっくり休養をとっていただき、また美味しい魚を獲ってきてもらいたいですね。

        クリックしていただくとランキングアップし、より多くの方々にみていただく機会が増えます。よろしくお願いします。

        九州ブログランキング

        海象 * 漁業 * 08:30 * - * - * - -

        漁業体験レポートその3

        0
          昨日は、西福丸の漁業体験に同行しました。

          陸上は、連日の猛暑で、おまけに風もなく、朝からうだるような暑さでしたが、海の上は少し風があり、心地よい日でした。

          今日のお客さんは、佐賀市から来られたご家族で、船釣りは初めてとのこと。朝8時に呼子港を出港。5分ほどで松島の南側の漁場に到着。

          釣り糸を垂らすと、すぐにアラカブが数匹釣れましたが、その後、中層から下の流れが急に速くなり、釣りにくくなったので、加唐島東側の入りへ移動。ここは、潮の流れもなく、アラカブ、キュウセン、マハタ等が釣れました。

          お客さんもとても楽しそう。小学1年生の迅くんも、船酔いすることもなく、元気に最後まで楽しそうに釣っていました。

          夏休みも残すところあと10日。夏の思い出にあなたも釣りや定置網体験はいかがですか。

          クリックしていただくとランキングアップし、より多くの方々にみていただく機会が増えます。
          よろしくお願いします。


          九州ブログランキング



          浜のくじら * 漁業 * 21:59 * - * - * - -

          春の風物詩1「シロウオ漁」

          0
             ここ数日暖かい日が続いており、やっと春が来たなという感じがする今日この頃。

            さて、春で連想するものといえば色々ありますが、水産物では「シロウオ」漁。

            唐津でシロウオ漁といえば浜玉町玉島川に設置される梁(やな)漁が知られていますが、小規模ながら他の河川にもありました。(写真は唐房の浦川の梁)

            漁の方法は、V字の先端部に網カゴが仕掛けてあり、そこに遡上してきたシロウオが入る仕組みになっています。

            シロウオ漁











            ところで「シロウオ」(素魚)は、スズキ目ハゼ科の魚でおどり食いや卵とじ、吸い物などにして食べる魚です。

            一方、サケ目シラウオ科の魚で「シラウオ」(白魚)という、名前も形態も似ており、川を遡上するという生態まで似た魚がいますので、混同しないようにしてください。

            旬の春の魚介類を買いに、食べに玄海の浜へ出かけてみませんか。

            シロウオ料理を食べたくなった方は、→ こちら ← をクリック。

            クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々にみていただく機会が増えます。
            よろしくお願いします。


            九州ブログランキング


            海象 * 漁業 * 11:53 * - * - * - -

            伊万里湾のイワシ網漁

            0
              先日、伊万里湾の海上をウロついていると3隻くっついた船を発見。

              伊万里イワシ網2











              よくよく見るとイワシの船曳き網漁の船!今年もシラス(カタクチイワシの稚魚)漁が始まりました。

              例年、伊万里湾のシラス漁は9月下旬頃から始まりますが、今年は少し早目にスタートしているようです。

              船曳き網漁は、漁場で網を曳く「網船」2隻と、漁場と加工場の間を行き来してシラスを運ぶ「運搬船」1隻の計3隻で操業します。(下写真はちょうど網を揚げているところ。)

              伊万里イワシ網1











              漁獲されたシラスは、加工場へ水揚げされるとすぐに釜茹でされ、釜揚げシラス(茹でただけのシラス)やチリメンジャコ(茹でたシラスを干したもの)として、生産者の直営店(「橋口水産」、「お魚一番」)や唐津うまかもん市場などの産直所で販売されます。

              イノシン酸の旨みたっぷりの今年の旬のシラスを食べてみませんか。

              クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々にみていただく機会が増えます。
              よろしくお願いします。

              九州ブログランキング


              海象 * 漁業 * 11:27 * - * - * - -

              ウニ採り

              0
                 先日の大潮、浜をウロついていると磯場に人が!

                何かと思い近づいてみると磯場でウニを獲られていました。(この時期の大潮によく見かける風景です。)

                ウニ採り4













                さらに近づき物欲しそうにみていると、何と親切な漁師さんがウニを割ってくれました。(下写真は「ムラサキウニ」と「バフンウニ」)

                ウニ採り1


                ウニ採り2

























                殻の中にはオレンジ色の美味しそうなウニの身がたくさん!

                一番物欲しそうにしていた女性にプレゼントしてくれました。ありがとうございました。(彼女は美味そうに頬張っていましたが、私の口に入ることはありませんでした・・・)

                ウニ採り












                アカウニ、バフンウニ漁はこれからが本番です。ウニを食べたくなった方は、→ こちら ← をクリックしご購入下さい!

                クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々にみていただく機会が増えます。
                よろしくお願いします。


                九州ブログランキング

                海象 * 漁業 * 21:43 * - * - * - -

                アナゴ筒漁

                0
                  久々に伊万里市波多津漁港周辺ウロついていると漁から帰ってきた漁師さんを発見!

                   「アナゴ筒漁」から帰ってきたとのこと。

                  アナゴ筒漁











                  船上に積まれている多数の黒い長い筒状のものがアナゴを漁獲するための筒で、一度この筒の中に入ったアナゴは出られないような仕組みになっています。(狭い穴の中を好むアナゴの習性を利用した漁法です。)

                  アナゴには、以前ブログで紹介した「クロアナゴ」など色んな種類がありますが、これは「マアナゴ」を獲るための漁法。

                  マアナゴは、この時期が旬の魚で、蒲焼、天ぷら、さらには刺身でも美味しくいただけます。(写真は「サガん さかな」(佐賀のさかな写真館)より)

                  マアナゴ











                  ということで、「唐津水産物商業協同組合朝市産直所などへ今が旬のマアナゴを買いに出かけませんか?

                  ちなみに、波多津といえばクルマエビ養殖(波多津漁協「伊万里クルマエビセンター」)が行われているところです。もうそろそろお中元地の時期です。贈り物にエビはいかがでしょうか?

                  クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々にみていただく機会が増えます。
                  よろしくお願いします。

                  九州ブログランキング


                  海象 * 漁業 * 12:53 * - * - * - -

                  アサリ漁始まる

                  0
                     今年も玄海町仮屋湾で4月17日よりアサリ漁がはじまりました。
                    干潟上は漁の解禁を待ちわびた人たちでいっぱい!

                    アサリ漁












                    この日は程良い型のアサリがそこそこの量獲れたようです。

                    漁獲アサリ












                    仮屋湾のアサリは、4月いっぱいは漁協の組合員さんだけしか獲れないのですが、5月16日からは一般の人も獲れるようになるようです。(料金は、高校生以上が1,000円、小中学生が500円、小学生未満が無料となっています。)

                    調整規則












                    潮干狩りを楽しみに浜へでかけませんか?地元産の美味しいアサリをバター焼き、味噌汁などで食べましょう。

                    クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。よろしくお願いします。

                    九州ブログランキング
                    海象 * 漁業 * 21:40 * - * - * - -

                    吾智網漁業

                    0
                       先日、久しぶりに友人の吾智網漁船に乗りました。

                      吾智網漁業は、壱岐水道などで行われている網漁業で、マダイやイサキなどの魚群をロ−プを両端に取り付けた網で魚を取り囲み、魚を追い込んですくいあげて獲る漁法です。

                      いつも04:00頃出港し、17:00くらいまで操業しますが、今回は、プロのカメラマンによる操業風景の撮影が目的だったため、08:00に出港して近場の唐津湾で3回ほど網を入れて操業。いつも網に入るマダイやイサキなどは入りませんでした。

                      出港前の網の確認
                      吾智網1














                      出港
                      吾智網2













                      魚群を囲むように網を入れます
                      吾智網














                      揚網
                      吾智網3














                      港に帰った後は網の手入れ
                      吾智網4














                      最近は、魚の値段が安くなっているので、友人はマダイのひらきを作って販売しています。これがまた絶品!

                      クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。よろしくお願いします。

                      九州ブログランキング


                      浜のくじら * 漁業 * 23:04 * - * - * - -
                      このページの先頭へ