<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「めぐりあいらんど おがわ」で昼食

0
     先週、小川島へ出かける用事あり、昼食をどうしようかと思案していると、知り合いから「めぐりあいらんどおがわ」を紹介してもらいました。

    ここは、小川島の高台にある滞在型体験多目的施設で、合宿や研修の他、家族旅行などでも利用可能な施設です。

    夕食は会席料理や海鮮バーベキュー。体験の内容としては、マリンレジャーや体験農園などが楽しめます。

    さて、今回は、昼食をいただいたのですが、刺身(マダイ)に天ぷら(イカ、エビなど)、茶碗蒸しの他、小鉢が3つ(ワカメ、ヒジキ、野菜)、さらにデザートとして、甘夏ジュレーまでついて何と1,000円!(普段よりは少しサービスしていただいたようです。)

    めぐりあいらんど昼食











    昼からこのボリュームで味もよく大満足!(夕食ともなればさらにすごいご馳走では?)

    この施設、普段は昼食の提供はしていないとのことですが、事前に予約すれば提供可能だそうです。

    もうすぐ春休みです。一度利用してみられてはいかかでしょうか?

    クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々にみていただく機会が増えます。
    よろしくお願いします。


    九州ブログランキング
    海象 * 浜の宿 * 12:53 * - * - * - -

    シーサイドホテル

    0

      8月最後の週末の土曜日、友達も誘い、ムスコロを連れて、「唐津シーサイドホテル」へ行ってきました。

      今回の目的はこちら。














      そう、プールです。
      平日無料券(土日でも優待になります)をいただいたので、今年初のプールへ。

      昼前に行ったのですが、予想より人出は少なく、思いっきり遊ぶことが出来ました。

      大きいプールの横には、お子さまプールも併設されており、ムスコロ達はこちらで水の掛け合いなどをして遊びました。














      そして、なんといってもこのプールの特徴は目の前がオーシャンビュー&そのまま海にも泳ぎに行くことが出来る、という点です。














      海岸にそのまま階段で降りることが出来るようになっており、この日も何組かの方々が海の方へ行かれていました。

      プールとの境にシャワーが設置してあるので、そのままどちらでも泳ぐことが出来ます。

      ホテル側にはテラスがあり、休憩することも出来ます。
      また、プールの横にはレストランがあり、ご飯もそのままここで食べることが出来ます。

      ここは予約すればBBQもできますよ

      この平日無料券は9:00〜17:00までとなっていましたが、ナイター営業もあるようでした。

      ムスコロ達は指がしわしわになるまで遊び、まだ帰りたくなーい、というほど楽しんでいました。小さい子でも十分楽しめますよ。














      今回の営業は31日までのようですが、ぜひ来年、海でもプールでも泳げるお得なプールへ行ってみませんか。



      ブログでこんな情報をアップしてほしい等の要望がありましたら、ぜひこちらのメール info@karatsu-hama.net までお願いします。ご希望に添えるよう頑張ります



      クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。よろしくお願いします

      人気ブログランキングへ

      浜コロ * 浜の宿 * 10:01 * - * - * - -

      イカカゴ漁体験プラン

      0
         この前の海象さんのブログでイカカゴ漁のことについて書いてあったのですが、そのイカカゴ漁を体験できるプランがあるので詳しく紹介したいと思います。

        このイカカゴ漁体験プランをされているのは「国民宿舎 波戸岬」です

        国民宿舎 波戸岬は以前ブログで書いた「ハート岬定食」という、絶品なご飯があるところです
        こちらの宿ではたくさんの体験プランがあるのですが、2月からイカカゴ漁が解禁になるのに伴い、この「イカカゴ漁体験プラン」も始まります。体験プランについてはこちら→体験プラン


        イカカゴ漁は海象さんがブログに書かれていたように、カゴにツゲの枝をつけて行われる伝統的漁法です。(この写真はツゲではありません)卵が産み付けられた枝は海へ戻されます

        イカ篭

















        「イカカゴ漁体験プラン」は、この漁を自分で体験し、なおかつその日獲れたイカ、魚が夕食膳に並ぶという、自分で獲った魚を美味しい料理にしてもらえるとてもすてきなプランです






















        自分で漁をすることなど、漁師じゃない限りほとんど経験がないと思います。船ももちろん漁船なので漁師さんになった気分が十分に味わえます

        また、荒天で漁に出られないときも湾内の生け簀で魚を獲ることが出来るので安心。(雨天の場合は残念ながら中止です

        いつも自分たちが食べている魚がどうやって獲られているかを知るとてもいい機会になること間違いなしです。
        子ども連れにオススメですが、体験漁業は親のほうがはまるかもしれません

        宿の近くには、「サザエのつぼ焼き」、「海中展望台」もあるので、そちらも寄られてみてはいかがでしょうか



        浜ブログでこんな情報をアップしてほしい等の要望がありましたら、ぜひこちらのメール info@karatsu-hama.net までお願いします。ご希望に添えるよう頑張ります



        クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。よろしくお願いします

          人気ブログランキングへ

        浜コロ * 浜の宿 * 23:34 * - * - * - -

        佐賀新聞の連載もの「玄海浦々めぐり」 その4

        0
          佐賀新聞の連載物「玄海浦々めぐり」。8月5日は、唐津市唐房でした。
          唐房
          [写真:佐賀新聞社。掲載:平成22年7月8日](記事使用承諾済み)











          ここは、昔ながらの漁師町。吾智網(魚群を網で巻いて獲る漁法)、底曳網、旋網などの昔ながらの伝統的な漁が今でも行われており、浜にはその風貌、言葉使いともにいかにも漁師といった人たちがたくさん。なかなか雰囲気のある浜です。

          ところで、最近は水揚げ量が減少するとともに魚価も安くなり、漁師たちの収入は減少し、生活は厳しくなってきています。そのような中で、漁師たちは、少しでも収入を増やそうといろいろな取り組みを始めています。

          唐房の漁師のあるグループ(からつんカキグループ)は、天然資源の魚介類を獲るだけでなく、養殖で経営を立て直そうと、玄海でいち早くマガキ養殖に取り組み、さらには「オーナー制」という新たな工夫を凝らした取り組みを全国に先駆けて行いました。取り組みを初めて10年以上たちますが、今では毎年、全国からオーナーへの申し込みがあっているようです。さすが唐房の漁師ですな〜。

          ところで、8月1日から1ヶ月間、玄海の7つの水産物直売所を巡り、そこに設置している「海の生物スタンプ」を集めると豪華賞品があたる「2010 玄海 浜を楽しむスタンプラリー」が開催されています。皆さんも、参加してみてはいかがですか。

          クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。よろしくお願いします。
          九州ブログランキング
          浜のくじら * 浜の宿 * 12:45 * - * - * - -

          めぐりあいらんど おがわ

          0
            夏休みが近づいてきました。今年の夏はどこへ行こうか・・・。海外旅行?(予算が・・・)、国内の観光地?(疲れるだけ)・・・とお考えの皆様、島でリッチな料理を食べて、ゆっくりしてみませんか?

            呼子町小川島の「めぐりあいらんど おがわ」は、滞在型体験多目的施設で、合宿や研修でもよし、家族旅行でもよしの施設です。
            小川島漁港めぐりあいらんど
















            私も何回か行きましたが、まず驚いたのはその料理。そこいらの旅館やホテルの料理と比べると、豪華、ダイナミックです。小川島で獲れた魚介類が皿の上にこれでもかといった具合に並べられています。また、調査捕鯨で南極海で捕獲されたミンククジラの肉も配給されているので食べることが出来ます。なんか得した気分になります。
            魚介類盛り合わせアカウニ鯨料理
















            小川島は、江戸時代から昭和初期まで捕鯨が盛んに行われて島で、島には今でも当時の鯨見張り所鯨鯢(鯨の胎児)供養塔などの史跡があります(ブログ)。

            また、小川島漁港にある小川島漁協では、ここ数年、そのおいしさで超有名になった「小川島干しひじき」、漁獲されたばかりのケンサキイカを急速冷凍した「宝凍イカ」や一夜干しした「小川島潮風の一夜干し」、「塩ウニ」などの特産品が販売されており、おみやげに迷うこともありません。

            この夏休み、家族やカップルでのんびりと日常のあわただしい生活を忘れ、日本の原風景が残る小川島でゆっくりするのもよさそうです。

            クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。よろしくお願いします。
            九州ブログランキング
            浜のくじら * 浜の宿 * 10:37 * - * - * - -

            めぐりあいらんど おがわ

            0
              先日、またまた小川島に行ってきました。3月の島民総出でのひじき採集(「浜ブログ」で紹介)、5月の捕鯨史跡散策(「浜ブログ」で紹介)で訪れて以来です。今回の訪問先は、体験型施設「めぐりあいらんど おがわ」(HPの「泊まる」で紹介しています)。

              ここは、釣りや磯遊びなどのマリンレジャーや農業体験ができる宿泊施設。レンタサイクルもあるので、捕鯨史跡や自然景観を散策するのも楽々!島の人たちとのふれあいも楽しい。無理して海外旅行へ行って疲れて帰ってくるより、たまには島で過ごしてみるのもいいですな〜。
              meguri1meguri4









              料理は、当然島で獲れたばかりの新鮮な魚介類、しかもボリューム満点!
              meguri2meguri3












              クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。
              よろしくお願いします。

              九州ブログランキング

              浜のくじら * 浜の宿 * 10:33 * - * - * - -
              このページの先頭へ