<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お正月のご馳走(2011) | main | ただで食べん祭(2011.1月) >>

伊万里 海のシルクロード館

0
    伊万里の「海のシルクロード館」に行ってきました。

    ここは、江戸時代に国内はもとより世界中へ輸出された古伊万里の歴史を学ぶことができる資料館です。

    私、恥ずかしながら、いままで古伊万里=伊万里焼と思っていました。でも、「古伊万里」とは、焼き物の産地を指すのではなく、当時、有田焼き、波佐見焼き、吉田焼きなどが、伊万里津からヨーロッパへ輸出されたことから、これらの焼き物を総称して「古伊万里」と呼ぶようになったとのこと。勉強になりました(これ常識?)。

    白壁つくりの建物は、ほとんどが当時のまま保存されていたらしく、迫力満点。当時、大きな港町として賑わいを見せていた伊万里津が想像できます。

    「海のシルクロード館」(奥)(手前は、陶器商家資料館)
    海のシルクロード館1海のシルクロード館2















    2階には、当時の陶器商家や千石船の模型、当時実際に使用された船箪笥などが展示されています。この船箪笥は、船商人が大事なものを入れていた物で、海に落ちても浮かぶようにできています。写真では見たことがありましたが、実物は始めてみました。感動!
    海のシルクロード館3海のシルクロード館4海のシルクロード館5














    1階は、伊万里周辺の肥前窯業域で生産された陶磁器が販売されており、絵付け体験やろくろ体験も可能です。
    海のシルクロード館6














    「海のシルクロード館」の隣にある「陶器商家資料館」は、江戸時代の陶器商家の建物がそのまま保全されており、こちらも勉強になります。
    陶器商家資料館













    詳しくはコチラ → 「海のシルクロード館」HP 

    古伊万里について学んだ後は、波多津の「ふれあい広場」で美味しい海の幸でも食べるのもよさそうです。

    クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。よろしくお願いします。

    九州ブログランキング
    浜のくじら * 浜の歴史 * 12:24 * - * - * - -
    このページの先頭へ