<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 削り節 | main | 小川島訪問 >>

旧中尾家屋敷

0
     この間呼子に用事があったので4月にリニューアルオープンした「鯨組主 中尾家屋敷」を見学してきました。

    呼子は今でこそイカの町として有名ですが、捕鯨が禁止になるまでは捕鯨で栄えた港町です。(特に小川島)こちらの捕鯨を行っていた鯨組主の屋敷が中尾家屋敷になります。

    外観からみてもかなり老朽化していたようですが、きれいな白塗りの壁になっていて、ひときわめだちます。
    また、家の大きさのスケールも他とは比べものになりません。












    さっそく中へ。
    この日は雨の日&平日だったためかお客さんはまばらでした。
    屋敷の敷居をまたぐと、天井まで吹き抜けの土間が広がります。
    (屋敷内は撮影禁止のため写真撮れず、残念)
    造りは昔ながらのお屋敷そのものです。
    入場料を払い、回り方の説明を受け、お屋敷内に上がります。
    リニューアルに伴い、キレイにされていますが、昔ながらのところがきちんと残っており、当時の造りを感じることが出来ます。
    なんといっても部屋数の多さに圧倒です。

    屋敷を十分に見学し、通り土間を抜けるとその先は資料館へと続きます。(こちらはもともと勘定場があったところです)












    (資料館側からの屋敷です)
    資料館には捕鯨の歴史はもちろん、鯨の解体の様子、鯨の顎の骨格標本など様々なものが展示されています。
    捕鯨で栄えた呼子の様子を伺い知ることが出来ます。
















































    呼子朝市、イカを食べにに出向かれるときは、ぜひ呼子の捕鯨の歴史に思いを馳せてみませんか。
    そのときは捕鯨の歴史の痕跡が残る小川島にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。(小川島レポートはまた後日)



    ブログでこんな情報をアップしてほしい等の要望がありましたら、ぜひこちらのメール info@karatsu-hama.net までお願いします。ご希望に添えるよう頑張ります



    クリックしていただくとランキングがあがり、より多くの方々に見ていただく機会が増えます。よろしくお願いします

    人気ブログランキングへ
    浜コロ * 浜の歴史 * 15:35 * - * - * - -
    このページの先頭へ